妊娠中の女性の悩みを改善

よくあるお悩み・症状・原因

なぜ、妊娠中に痛くなるのか?
骨盤が歪むのは出産時だけではないのです。


妊婦さんの体は非常にデリケートで色んな症状を抱えている人が多いです。
腰痛や恥骨痛、骨盤周りの痛み、股関節痛・・・と、あらゆる症状が出てきやすい時期です。


どの症状にも共通しているのは痛みがあるところには必ず歪みがあるということ。

骨盤が歪むのは出産後っていうイメージがありませんか?

でも実は、出産前でも骨盤って歪むのです。

妊娠初期からホルモンの影響で関節が緩くなり、骨盤や手、足の骨など全身が歪みやすい状態になります。

その状態でお腹が大きくなり、家事をすることで姿勢が崩れていき徐々に骨盤が歪み、痛みが出てきます。

 

そこで、一般的な産婦人科や整形外科だと

骨盤ベルトを勧める
シップを処方される
妊婦だから仕方ない、出産すれば治ると言われる

 

一般的な接骨院・整骨院では

骨盤ベルトを勧める
痛いところをマッサージする
妊婦だからと拒否される

 

これでは痛みもなかなか取れないし、取れてもすぐに元に戻ってしまいます。
やはり原因の骨の歪みを整えないと良くなりませんね。
ただし妊娠中の体は非常にデリケートです。強い刺激で矯正したりマッサージなんかはしてはいけません。 正しい施術をすれば、強い力なんていらないんです。

実は原因は骨盤の歪みだけではないんです。

原因は骨盤の歪みともう一つは循環不良です
妊娠中の痛みや不調の正体は骨盤などの骨格の歪みと、循環不良です。
さらにその原因は3つあります。

 

1.骨盤の歪み

妊娠中はホルモンの影響で関節が緩いうえに、お腹の大きいので姿勢も悪くなりやすく、骨盤などの骨が歪みやすいです。

その歪んだ骨盤などの骨には、筋肉などの組織がくっついています。

すると筋肉などが引っ張られたりねじれたりして、痛みを感じるようになります。

骨盤はよく出産で歪むと思われていますが、姿勢が悪いと子供や男性でも歪むものなのです。

 

2.筋肉の硬さ

妊婦さんの共通点。 それは筋肉の硬さ。 これにも理由があります。

筋肉の働きは体を動かすだけではなのです。
実は筋肉を動かすことによって、静脈やリンパを心臓へ送り返すという仕事をしています。

ポイントは筋肉を大きく動かすということ。
筋肉を大きく動かすと、伸び縮みしながら太くなったり細くなったりしますよね。

そうすると筋肉の間を走行している血管が押されます。
このポンプ作用によって静脈やリンパの流れがよくなります。
妊娠中は、体を動かす機会が減り、足が硬くなって循環不良になります。

妊婦さんってよく足がむくんだり、足がつったりしますよね。

これはホルモンバランスもありますが、こういった理由もあるのです。
このように循環不良で筋肉が硬くなって妊娠中の腰痛が起こります。

 

3.内臓の硬さ

これは一般的にあまり知られていませんが、内臓の硬さと妊娠中の腰痛には大きな関わりがあると言われています。
例えば、
胃ガンや胃潰瘍の時に背中が痛い
尿路結石の時は腰が痛い


なんて聞いた事ありませんか?
これは内臓体制反射といって、内臓が悪い時に関係する筋肉が硬くなって痛みを感じるというもの。
ちょっと怖い例を書きましたが、大きな病気だけではありません。
健康診断で引っかかるようなレベルではなく、その前段階でもこの内臓体制反射は起こります。

精神的ストレスや物理的ストレス(寝不足や水分不足)で内臓に負担がかかり、腎臓や腸などが硬くなって産後の腰痛を起こしたりします。
とくに妊娠中は水分不足やミネラル不足になりやすいので、内臓疲労からくる腰痛の人も多く来院されています。
なぜ、当院は妊娠中の痛みを改善することができるのか?
症状だけでなく3つの原因を解決できるからです。

 

 

この3つの原因を解決するために斎藤接骨院では、、

骨盤、腰椎の歪みを整える
筋・筋膜の硬さをとり循環を改善させる
内臓の機能を回復させ循環を改善させる


このような施術を行います。

 

人によって妊娠中の腰痛の原因は違います。
斎藤接骨院ではあなたの本当の原因を見つけ出し、そこにアプローチするように施術していきます。
また、斎藤接骨院の骨盤矯正はソフトで安全な施術なので妊婦さんでも安心して受けていただけます。
他院とは結果が違うと喜ばれています。

施術費用について

初診料 2,160円(税込)
優しいマタニティ整体 4,860円(税込)

妊娠中には、お腹が大きくなり身体のバランスが変わったり、女性ホルモンのバランスが崩れやすい状態になっているために全身にさまざまな不調があらわれてくることも御座います。

特に多いのが、腰痛や背中の痛み、股関節の痛みです。

 

身体が痛くて体調が悪いとなっても、妊婦さんはお薬を飲むことは出来ません。

とはいえ、ただつらい状態を我慢していると、痛みが増すだけでなく、ストレスも溜まり、それが逆に赤ちゃんに悪影響を与えてしまうということも考えられます。

合わせて悩みとして多いのが、「整形外科で断られた」「整体でバキバキした施術をされ怖い思いをした」というケースです。

 

斎藤接骨院では、妊婦さんにも安心して受けていただけるソフトな施術をおこなっております。

母体に負担の少ないマタニティ整体なので、他院で断られた方でも一度、ご相談頂けると幸いです。

なぜ、妊娠中に痛くなるのか?

骨盤が歪むのは出産時だけではないのです。

妊婦さんの体は非常にデリケートで色んな症状を抱えている人が多いです。

腰痛や恥骨痛、骨盤周りの痛み、股関節痛・・・と、あらゆる症状が出てきやすい時期です。

どの症状にも共通しているのは痛みがあるところには必ず歪みがあるということ。

 

骨盤が歪むのは出産後っていうイメージがありませんか?

 

でも実は、出産前でも骨盤って歪むのです。

妊娠初期からホルモンの影響で関節が緩くなり、骨盤や手、足の骨など全身が歪みやすい状態になります。

その状態でお腹が大きくなり、家事をすることで姿勢が崩れていき徐々に骨盤が歪み、痛みが出てきます。

 

そこで、一般的な産婦人科や整形外科だと

● 骨盤ベルトを勧める
● シップを処方される
● 妊婦だから仕方ない、出産すれば治ると言われる

 

一般的な整骨院・整体院では
● 骨盤ベルトを勧める
● 痛いところをマッサージする
● 妊婦だからと拒否される

 

これでは痛みもなかなか取れないし、取れてもすぐに元に戻ってしまいます。

やはり原因の骨盤の歪みを整えないと良くなりません。ただし妊娠中の体は非常にデリケートです。 強い刺激で矯正したりしてはいけません。 やさしく正しい整体をすれば、強い力なんていらないんです。

 

しかし実は、痛みの原因は骨盤の歪みだけではないんです。

原因は骨盤の歪みともう一つは筋肉のアンバランスによる循環不良の合わさったものです。

 

骨盤の歪みと循環不良

その原因は、大きく分けて3つあります。

 

1.骨盤の歪み


妊娠中はホルモンの影響で関節が緩いうえに、お腹が大きいので姿勢も悪くなりやすく、骨盤などの骨が歪みやすいです。
その歪んだ骨盤などの骨には、筋肉などの組織がくっついています。

 

すると筋肉などが引っ張られたりねじれたりして緊張を起こし、痛みを感じるようになります。

 

骨盤はよく出産で歪むと思われていますが、姿勢が悪いと子供や男性でも歪むものなのです。

 

2.筋肉の硬さ

妊婦さんの共通点。 それは筋肉の硬さ。

これにも理由があります。 お腹が大きくなるにつれ、体型が徐々に変わっていき身体の使い方も変わっていきます。そうすると身体の使い方に偏りが出てきて筋肉にアンバランスが生じ硬くなりやすくなります

 

筋肉の働きは身体を動かすだけではないのです。
実は筋肉を動かすことによって、静脈やリンパを心臓へ送り返すという仕事をしています。

 

ポイントは筋肉を大きく動かすということ。

筋肉を大きく動かすと、伸び縮みしながら太くなったり細くなったりします。 そうすると筋肉の間を走行している血管が押されます。このポンプ作用によって静脈やリンパの流れがよくなります。

妊娠中は、体を動かす機会が減り、大きくなったお腹を支えるため足が硬くなりやすく、循環不良になります。 妊婦さんってよく足がむくんだり、足がつったりしますよね。これはホルモンバランスもありますが、こういった理由もあるのです。

このように循環不良で筋肉が硬くなって妊娠中の腰痛が起こります。

 

3.内臓の硬さ

これは一般的にあまり知られていませんが、内臓の硬さと妊娠中の腰痛には大きな関わりがあると言われています。
例えば、「胃ガンや胃潰瘍の時に背中が痛い」「尿路結石の時は腰が痛い」「なんて聞いた事ありませんか?」

これは内臓体制反射といって、内臓が悪い時に関係する筋肉が硬くなって痛みを感じるというもの。
ちょっと怖い例を書きましたが、大きな病気だけではありません。

健康診断で引っかかるようなレベルではなく、その前段階でもこの内臓体制反射は起こります。

精神的ストレスや物理的ストレス(寝不足や水分不足)で内臓に負担がかかり、腎臓や腸などが硬くなって産後の腰痛を起こしたりします。

とくに妊娠中は水分不足やミネラル不足になりやすいので、内臓疲労からくる腰痛の人も多く来院されています。

なぜ、斎藤接骨院で妊娠中の痛みが改善できるのか?

なぜ、当院のマタニティ整体は妊娠中の痛みを改善することができるのか?

症状だけでなく3つの原因を解決できるからです。

 

この3つの原因を解決するために斎藤接骨院のマタニティ整体では、

「骨盤、腰椎の歪みを整える」

「筋・筋膜の硬さをとり循環を改善させる」

「内臓の機能を回復させ循環を改善させる」

このような整体を行います。

人によって妊娠中の腰痛の原因は違います。

 

 

斎藤接骨院ではあなたの本当の原因を見つけ出し、そこにアプローチするように施術していきます。

また、斎藤接骨院のマタニティ整体はソフトで安全な施術なので妊婦さんでも安心して受けていただけます。

仙台市泉区地域、旭ヶ丘駅周辺の方で腰痛、股関節痛、骨盤周りの症状でマタニティ整体をお探しなら、ぜひ当院にお問い合わせて下さい!

他院とは結果が違うと大変喜ばれています。

施術費用について

初診料 2,160円(税込)
優しいマタニティ整体 5,400円(税込)

※ お得な回数券もご用意しておりますので、スタッフまでお声がけ下さい!